スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『愛って、動詞なんだって』←友人より
2006-07-02 Sun 18:36
友達のブログに(コピーして)あったエピソードを読んで感動し、
それから貪るように元のブログを読みふけってしまった。
その記事は転載可なんだけど、ここに載せると長すぎて大変なことになるので、興味のある方はこのをクリックして進んでみてください。
元ネタは 野口嘉則 著「鏡の法則」?人生のどんな問題も解決する魔法のルール?という本になって販売されているようです。
むむ、読みたい。

自己啓発系の本って、興味あるけど買う勇気なかった。
なんか、自分の考えがないように見える気がしちゃって。
でも、ちゃんとしたこういうジャンルの本て、こーしろああしろではなくて、人が本来持っていうのに忘れてしまう、優しさとか思いやりとか勇気とか、そういうものを思い出させてくれるものなんだろうね。

人って追い込まれると、どんどん視野が狭くなっていくから、そんなときにポンと背中をたたいてくれる人や言葉が大切なのね。

私は人の目が気になってしかたない性格なんだけど、
星の数ほどの多くの人間と家庭、それぞれの育ち方や生き方があって、正しいか間違いかのもんだいではなく、合うか合わないかだと思うから、みんなに分かってもらおう、好かれようと思うほうがよっぽど傲慢。
そういうふうに考えられるようになってから、あんまり悩まなくなった。

最近人からよく人間関係について相談されるけど、今の私は、他の誰かの悩みを解決してやろうなんて考えない。
ただ、切羽詰った心を軽くするきっかけの1つになれたらいいなと思ってる。
正論を説くのが正しいとは、限らない。
人が人を導くなんて、簡単にできるわけないもん。専門家ならまだしも。

今回の私のひとりごととは関係ありませんが、試しに専門家の話を聞いてみたい人は、
時間のあるときに野口嘉則さんのブログを読んでみたらいかがでしょうか。
もしかしたら宗教じみていると思う人もいるかも。でも、ガツンとツボに嵌る人も多いんじゃないかな。
私は今大きな悩み事はないけど、普段の気構えを考え直すいいお話がたくさんありました^^
感じることは人それぞれだと思うから、ご自分の好きな話を見つけてみてください



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | top↑
| Roughly Speaking |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。