スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
立派なひと
2006-11-28 Tue 13:39
朝電車を待っているときにね、いきなり後ろからドスッって押されて。

オイオイこの野郎と思って振り返ると…

おばあさんがそのまま顔から倒れたじゃありませんかっ?( ̄口 ̄)

あわわわわ、落ち着け私っ。 確か駅員呼び出しボタンがあったはず…(((゜д゜;)))

と、学生さんらしき女の子2人がすぐに助け起こし声をかけ続け、
1人が駅員さんを呼びに猛ダッシュし、
私は、結局オロオロしただけでした…。
おばあさんはすぐに立ち上がってちょっと驚いた風に
『あ、大丈夫大丈夫』
と笑ったので周りにいた人達はホッとして、ちょうど来た電車に乗り込みました。
それで私も、しばらく座って休んでくださいと声をかけて離れました。
でも女の子のひとりが、『私が残るから先に行って!』と友達を電車に乗せ、おばあさんに寄り添います。ちょうど体格のいい男性がしっかりとおばあさんを支えたのが見えたのでひと安心です。

しかし乗り込んだ電車のドアが閉まった瞬間、おばあさんが再び崩れ落ちるのが見えました。

そのまま、視界から消えていき…。
車内は凍り付いたように静かでした。

ああ…
ダメだな、私。
遅刻した場合の言い訳考えちゃってたもん…
即座にひとりで残った女の子を心から尊敬した。
彼女に任せてしまった自分が恥ずかしくなった。

いつも一歩足りないんだよなぁと、深く反省です。

ちなみにこの事件の間、親身に動いたのは若い人達でした。中年以上の方は遠巻きになり、一瞬で当事者と野次馬に分かれたのが変な感じでした。
人柄に年齢は関係ないけど、やっぱり『近頃の若者は?』って言葉、嫌いだな。
最近は私も言うけど(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 今日のできごと | コメント:2 | top↑
| Roughly Speaking |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。