スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
始まりと終わり。
2008-04-02 Wed 22:59
CA390254002_.jpg

新入生、新社会人の皆さん、おめでとうございます

年齢的にも職業的にも、3/31と4/1に何の変化もないのであまり意識していないのですが、
電車や街中で、初々しくて爽やかな人たちを見かけると微笑ましい気持ちになります。


さて、私がマウスに所属した年から発足した、ジュニアの勉強会「俳優修業の場」が
解散することになりまして、昨日は現役の子達が主催したお疲れ様会に行ってきました。
「父帰る」「鋏」を朗読してくれたのですが、
この作品は、私たち一期生が、一番最初に公演した「ラジオもどき」の演目でした。
細かい内容を忘れかけていたのでですが、
後輩たちが演じているのを聴いているうちに、当時の記憶がどんどん蘇ってきて
とても懐かしかったです。

昔の公演のビデオを流されて拷問のような恥ずかしさに目を背けながら、

今は声優を廃業し別の道で頑張っている人
他の事務所に移籍して、変わらず活躍している人
もう二度と会えないところにいってしまった人

感慨深い思いでいっぱいになりました。

役者としてあまりにも無知すぎた私たちは
谷先生をはじめ先輩方、そしてお客様方から、
沢山のことを教えていただきました。

辛い思いも沢山したけど、それが全て私の糧になっていて、
辛いことを笑いに変えられる仲間もできた。

私、ラッキーだったなぁ。

ジュニアの間ずっと続けたメンバーは、実はあまり多くありません。
事情があったり仕事との両立が難しくなったりで、最後まで残ったのは半分くらい。
贔屓されて調子に乗っている、と理不尽な誤解を受けたり、
よく続けてるね、と鼻で笑われたこともありました。

でも6年経った今、
やってよかった、と言える私は勝ち組だ。
スポンサーサイト
別窓 | 今日のできごと | コメント:2 | top↑
| Roughly Speaking |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。