スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
勇気出して観てみて☆
2006-07-06 Thu 01:34
アテレコした日からDVDの完成を観たくて探していた『LONDON』。
やっと見つけたと思ったら、違う邦題で発売されてました。
タイトル・・・『エクスタシー』。
うわー、パッケージもエロいわ?。買いづらいわ?。

この映画、失恋の痛みからいつまでも立ち直れない男が
ダメダメになってるところから始まるんだけど・・・改めてみて気づいた。

映画の大部分が回想とトイレ(広くて綺麗な部屋みたいだけど)。
セリフ劇と言える位、主人公シド喋り倒しです。
しかも演出さんが芝居の流れや会話を重視してくださって、別録りがほとんどなかったので、
一日座る暇もなかったシド役の加瀬さんはものすごく大変だったと思います。
ヒロインのロンドン役の園崎さんもすごく素敵だった?!
そして二人とも全然ミスがない…。憧れです何気にFF12のあの二人ですネ
私はレベッカという脇役でしたが、
こんなに緊張したのもひさしぶりでした。
先輩方の熱演に圧倒されて、足を引っ張りたくないというプレッシャーを感じながら
一生懸命演らせていただきました。
こういう現場に行けるのって、何よりも幸せです。

ドラッグの吸い方の描写やエッチなシーンがとてもリアルだし、
教育上よろしくないシーンはありますが、すごく魅せ方が綺麗で、
セリフの所々に深いメッセージが隠されている作品です。

主演は、ジェシカ・ビールとクリス・エヴァンス。(ファンタスティック・フォーなど)
ジェシカのうるうるの瞳とぽってりした唇、そして腰のくびれにやられました。エロカワイイとはこのことだなと。
スポンサーサイト
別窓 | お仕事 | コメント:0 | top↑
<<ロイヤルおやつ | Roughly Speaking | 実は好きなんです>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| Roughly Speaking |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。