スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新人お披露目
2006-07-28 Fri 01:12
今日はマウスで修業の場ラジオもどき公演を観てまいりました。

卒業して初めての、後輩達の晴れ舞台です。
会場に入ると先輩含めた場の卒業生達がいっぱいいて、プチ同窓会スペースができました。みんな寄り添って座って開演前に盛り上がっちゃって、
『私たち…仲いいね…』
と自ら呆れるくらいです。

演目は樋口一葉の『うつせみ』『わかれ道』の二本立て。

慣れない古典で台本読んでもすぐ理解しにくいのに、声だけで聴かせなければいけない。卒業前に私も稽古に参加してたんですが、とても難しい作品です。
(でも『日本語』を学ぶのが場のテーマだから♪)

みんな苦戦したんでしょうけれど、本番はとても堂々と見えて、頑張っていました。
夏のラジオもどきは浴衣を着るので、見た目にも華やか。

今回は手作りの効果音が活きていて面白かった。4年かけて音響設備が整ってきたけど、第一回目はスピーカーもなかったし、日本家屋の玄関開閉の音はそろばん転がして出したり(人物によってニュアンス変えて)、食卓の雰囲気出すために本番中に細野がカレー食べたり(伝説)。

試行錯誤の積み重ねで得たスキルがフル稼働でした。

夕方からの仕事があって2回目の途中までしか観られなかったんですが、みんなの頑張ってる姿を観られて嬉しかったです。
仕事終わったあとちゃっかり打ち上げに合流したし☆

出演者の皆さん、お疲れ様でした!
社長が、『卒業生は今度は“ゲスト”として出演できるようにね』と言ってくださいました。
精進しますっっ!!
スポンサーサイト
別窓 | 今日のできごと | コメント:0 | top↑
<<サバイバル | Roughly Speaking | 横文字苦手です。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| Roughly Speaking |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。