スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ひとりごと
2007-11-30 Fri 20:23
ちょっとした悩みというか不安事を聞いてもらおうと思って話し始めたら、いきなり涙が止まらなくなっちゃって、
ああ私自分で思ってたより切羽詰まってたんだなぁと思う事がありました。

でも、解決できるかどうかに関わらず、自分の話をただ聞いてもらうのって大切なんだなぁ。
気持ちがすっと軽くなった気がしました。

私すごく涙腺緩くて、一生懸命話そうとするとよく涙でてきちゃうんだけど、どうにかならんかなぁ。いい大人なのに。
事務所の外でめそめそしてたから、マネージャーさんに何事?!って顔された(そして気づかないフリしてくれた)(笑)

自分の心って、意外にコントロール簡単なのかもしれない。
楽しく前向きな気分でいようと心がけていれば、アクシデントや面倒な事が起こっても、
『あーめんどくさいっ!』って笑い飛ばせるというか。
嫌だなぁ…と1人で悶々としてると、何でもイライラの素になっちゃうんですよね。
自分のニュートラルポイントを上手に調整できる人って、人当たりもよくて大らかな人間な気がする。

私も器のでっかい人間になりたい!と、漠然とながら強く思う、今日この頃です。
スポンサーサイト
別窓 | 今日のできごと | コメント:3 | top↑
<<2027 | Roughly Speaking | えぼらじ更新のお知らせ>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-01 Sat 00:49 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-01 Sat 01:17 | | #[ 内容変更]
素敵な相談相手
少し長くなります。すみません。

そうですね。
人の心というものは、一定の許容量があると思います。
感情は雨漏りをしたときの雫のように、一滴であったり、蛇口を捻って出てくる水のようであったりして、雨が止めば自然と蒸発して消えてしまいますが、降り続けたり、台風になると一気に器から溢れてしまいます。鬱病の原因の一つにも、そういった負の感情が心に溜まって、自分ではどうにもならなくなることがあるそうです。
ですから器に溜まった水を汲み出さないといけませんね。
他者との会話というのは、水を流し出す、または汲み出してもらう行為にあたります。お医者さんがするカウンセリングもまさにその行為なんですね。”聞く”ことが第一なのだそうです。
そして話し相手は少し距離を置いて見てくれます。自分の感情に同意してくれたり、アドバイスをくれたり。自分の感情でがんじがらめになっていることを解きほぐしてもくれますし、その手伝いをしてくれることもあります。
ですが信頼できる相手でいないと不安ですよね。峯さんは安心して相談できる相手がいる。そしてそんな素敵なお知り合いを持ってらっしゃる。素晴らしいことです。どうかその方との関係を大切にしてください。

それと感情についてですが、私は無理にコントロールする必要はないと思います。それは峯さんの大切な、そして貴重な資質だと思います。
役者さんは台本や演出の方からの指示で演じなければなりません。
文章や会話から登場人物の感情を”表現”しなければならないものだと理解しています。
その上では、感情が表にでてくることは大切な、そして役者さんには大事なことだと思います。

>事務所の外でめそめそしてたから、マネージャーさんに何事?!>って顔された(そして気づかないフリしてくれた)(笑)

これはマネージャーさん、ナイス!と思いました。私は、感情が溢れでてくることは美点であり、峯さんのチャーム・ポイントだとマネージャーさんは認めていらっしゃるんだな、と思いました。

ですから峯さん、ゆったりと峯さんのペースで時間を過ごして、感じて、考えていけば良いと思います。峯さんなら自然と心も広くなれると思います。
2007-12-01 Sat 19:28 | URL | bamboo hat #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| Roughly Speaking |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。